家族との思い出

ドンナロイヤ

1952年創業、神戸で最古のイタリア料理の老舗。3代目オーナーシェフが変わらぬ味を伝えている。サービスの質も高く、至福の時間を過ごすことができる。コースメニューはもちろん、アラカルトも充実。長年にわたり通うファンも多数。

グリル 近藤

洋食屋の多い春日野道商店街でボリューム満点のランチと本格派オムライスで愛され続けてきた定食屋。60年の歴史がある老舗店で、タルタルやデミグラスソースもすべて手作り。こじんまりとした家庭的な雰囲気に地元愛があふれている。

いけや食堂

毎日通っても飽きのこない、地元で愛されるうどん店。一歩店に入ると、出汁のいい香りが漂う。定番のうどんや定食、変わり麺丼、旬の野菜を使った季節ごとに変わるメニューなどで、幅広い年齢層のお客様を楽しませる。

魚彩家 しぶき

お造り、煮つけ、焼き物、揚げ物と旬の魚介類を中心に、季節を感じるメニューを提供している。単品はもちろん、季節のおまかせコースやてっちりコースもおススメ。お昼も、絶妙な味付けとボリューム満点のお弁当が人気となっている。

バラライカ

創業70年を誇る、日本でも有数の本格ロシア料理の名店。看板メニューは、野菜と牛肉の旨味がたっぷり溶け出したボルシ(ロシア語)、牛肉がたっぷり詰まったジューシーなピロシキなど。観光客や地元のお客様などに幅広く愛されている。

マルカジュース

桃、りんご、ミカン、バナナを使って作るミックスジュースは、サラッとしたフレッシュな味わいで、喉ごしと香りが良い。中央卸売市場で仕入れる素材は、季節のりんごの種類によって微妙に味を調整。60年以上前から同じ製法を守り続けている。

欧風料理 もん

昭和11年創業、昭和レトロで風格のある店構え。名物とんかつ1650円(税別)は、丁寧にスジを切ってひと口サイズで揚げられ、豚肉とは思えないほど柔らかくジューシー。付け合せのカレー味の茹でキャベツと酸味の効いたモヤシも相性抜群!

長野屋 三宮・高架下

69年前から愛され続けるカレーそば900円(税込)は、丼の縁まで並々と注がれた和風出汁のカレー餡にウスターソースがぐるっと一周。一番粉を使った白い蕎麦を底から掬い、とろみの強いカレー餡と絡めながらいただくと思わず笑みがこぼれる。

鳥光 須磨本店

明治25年創業の鳥料理の老舗。長年継ぎ足された自慢のタレを、厳選した若鳥にからめたタレ焼きは絶品。焼鳥はもちろん、工夫を凝らした鳥の創作料理や鮮魚料理もいろいろ楽しめる。落ち着いた大小の個室は、法事などにも利用できる。

西神飯店

オーナー自身が最高品質の神戸牛を一頭買いで仕入れ、蓄積したノウハウと技術で一頭まるまる使い切ることにより、最上級の神戸牛をリーズナブルな価格で提供。原点は中華料理店としてスタートしているので、中華メニューも豊富で美味しい。

味加味(みかみ)

お昼はボリューム満点の定食が人気。夜の営業になるとその姿は一変する。和食・中華・イタリアンと3人のシェフが腕を振るうメニューはどれをとっても一級品。ジャンル分けすることも無意味に思えるこのお店は、世代を超えて愛されている。

大陸

昭和54年創業の老舗中華料理店。具材のキャベツやニラが透けるほど薄い皮で作られたニンニクたっぷりのジューシーな餃子は、1人前(7個)270円(税込)とリーズナブルで、この餃子が食べたくて来店するファンが多い。

とんかつ 武蔵

昭和14年創業の老舗トンカツ店。分厚いトンカツは噛むほどに肉の旨味が口の中いっぱいに広がる。フライヤーを使わず鍋を使って一つ一つ職人技で揚げたトンカツに、独自の配分でブレンドされた自家製ソースが絶妙で、贅沢な味わいに。

伊藤グリル

初代店主が外国航路のコックとして磨いた欧風料理の腕を受け継ぎ、進化させながら発展してまもなく100年を迎える老舗洋食店。ソースが命の『煮込み』料理と神戸ビーフの『ステーキ』をメインに、正統派のフルコースが堪能できる。

ビストロ ヒマワリ

野菜や肉は丹波、淡路、西区の生産者から、魚は漁師から直接仕入れ、その日のランチ1300円(税別)、ディナーコース4000円(税別)のメニューが決まる。オープンキッチンで腕を奮うシェフの料理と奥様のおもてなしが地元ファンを魅了。

ビストロ プティポワ

地元で愛されているフレンチの名店。食材にこだわり、ドレッシング、パン、デザートまで手作り。絶妙の火加減で提供される料理を時間がゆっくり流れる店内で味わうと、至福の時が訪れる。大切な人との記念日なども素敵に演出してくれる。